ペット

2017年7月20日 (木)

フィービーちゃんのおなかの腫瘍

 2年前におなかの腫瘍で摘出手術を受けたフィービーちゃん13歳がここにきて
 
欲不振の症状を呈して腫瘍の再発が発見され、再開腹手術を実施することと
 
なった。以前の組織所見は血管肉腫ということであった。
 
 手術後1年半の間抗腫瘍効果のあるNSAIDSであるフィロコキシブを服用してい
 
が、ここ半年間投薬をやめてからの再発なので、腫瘍抑止効果は確かにあった
 
言える。

Dsc01298

 脾臓に腫瘤塊が確認され、大網と癒着する箇所も確認されたため摘出する。

Dsc01302_2

 左腹壁にも骨と同様の硬さの腫瘤が形成されていてこれも周囲の腹筋ごと摘出

する。

 腸間膜にも大きな腫瘤塊があって、これは腸管ごと切除して端端吻合・大網によ

る吻合部の保護、までを一気に実施した。

Dsc01306_2 Dsc01309_2

Dsc01311

脾臓、腸間膜と腸管、腹壁の腫瘤塊と3つ 摘出することができた。

Dsc01318

このあとの再発防止策を慎重にしていきたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 
 

2017年7月 8日 (土)

膀胱結石 雄の柴犬の場合

 
 10歳のオスの柴犬の飼い主さんから、なんと1年前からわかっていた膀胱結石
 
手術治療してほしいと依頼があった。
 
 フィラリア症でイミトサイド注射剤による治療を過去に受けていることなどから、
 
病気の予防や早期治療などの考えは一切ないのだろうか(^^)

Dsc01289_3

 膀胱に充満する結石がレントゲン画像で明らかである。

Dsc01291_2 Dsc01293

 最後は尿道カテーテルより加温生理食塩水でフラッシュして細かい結石を洗浄

して全ての結石を摘出して閉創して終了した。

Dsc01295

 1年以上育てた結石もすべて取れて、違和感なくようやくこれから快適な生活が

送れることだろう。

 

 

2017年6月23日 (金)

高プロジェステロン血症による糖尿病

 避妊手術をしていなかったM・DAXのマリンちゃん14歳がここに来て体調不良と

なっている。

 血液検査では高血糖であるが、ここ数年の食事管理は良く、約1か月前に発情

兆候があったため、高プロジェステロン血症によるインスリン抵抗性によって糖尿

病の症状が出ているものと判断して、症状を整えたのちに開腹手術を実施した。

Imgp8751

 やはり黄体が両側性に過形成を起こしていた。

 この3日後には、調子を崩す前より元気・食欲が出てきたと飼い主さんが嬉しい

報告をしてくれるほどに快復することとなった。

2017年5月27日 (土)

お花ちゃんの副鼻腔炎その後

 お花ちゃんが前回の鼻腔洗浄・PRP注入治療して1カ月余り経過してここのとこ

ろ再び鼻づまり症状が悪化してきたため同様の治療をしてみることになった。

前回は超粘稠な膿性鼻汁が大量に蓄膿して洗浄排出されたが、今回症状の割に

は蓄膿はかなり少なく数回の吸引で膿は回収されなくなり、洗浄してもそれ以上の

回収は不可能なくらい蓄膿は減少していた。

Imgp8692Imgp8698

 今回は洗浄しても初回から清浄な逆流液であった。やはり前回のPRPの効果は

出ているようだ。初回治療から1ヶ月半空いてしまったが、2週間程度の間隔で数

回治療すると完治にいたる例を経験するのでそのような治療間隔が望ましいの

だろう。

2017年4月14日 (金)

お花ちゃんの副鼻腔炎

 動物保護施設から譲渡されて一般家庭で飼育が始まったお花ちゃん1歳が慢性

鼻炎症状がつらいのでなんとかしてほしいと来院された。

 2週間ほど注射・内服でようすを見るが改善しないため 鼻腔吸引洗浄と多血小

板血漿注入療法を提案 実施することとなった。

Imgp8453Imgp8460

5fr. 栄養カテーテルにて吸引すると強粘稠な膿汁が吸引されてきた。

とても鼻腔のみには収まりきれない量なので副鼻腔炎による蓄膿と判断される。

両側吸引後 次に加温生理食塩水にて圧をかけて洗浄すると膿汁が大量に出て

きた。

Imgp8472Imgp8474

 洗浄と吸引を清浄化するまで繰り返し作業してのちに多血小板血漿(PRP)を

注入し10分間鼻腔内に作用させた後残余を除去して終了とする。

 この処置で約半年間本病で苦しんだネコが劇的に改善したことを経験しているた

めお花ちゃんの今後の経過が楽しみである。

2017年4月 8日 (土)

マロンちゃんのイレウス

 10歳のトイ・プーのマロンちゃんがここ数日来の食欲不振、消化器症状で来院し

た。

4-5年前に遅めの避妊手術をしてから、以後なぜか小食になっていたという。

 精査すると後腹部に塊が触知され、エコーで観察すると腸管の蠕動運動を伴う

塊状の病変であることが分かった。さきに麻酔下で浣腸するもまったく塊は崩れず

翌日開腹手術を実施した。

Imgp8394Imgp8397

 後腹部を切開すると肥厚した腸管がさらにその後部に膠着して上がってこない。

慎重に癒着を剥がしていくと、どうもさきに手術を受けたときの子宮断端にガッチリ

と癒着しているようである。癒着した部分を剥がして上げて行くとようやく腸管が

フリーになったが、良く見ると尿管らしきものが巻き込まれていて剥離と同時に切

断されているようすである。

Imgp8412Imgp8405

尿管を接合終了して次は腸管の切除縫合となる。

Imgp8410_2Imgp8418

肥厚し内腔が狭小となった病変を切除して健康な腸管同志を接合して大網という

胃大弯から発生する網状の組織を利用して接合部を被覆し保護する。

このあと腹腔内を十分に洗浄して閉腹終了とした。翌日、翌翌日と順調に経過し

て 早期に退院となった。

考察するに 避妊手術後から食が細くなったことから早期に腸管が癒合してしまっ

たことによるものなのかと思われる。

肥厚部分は筋層部分が過形成をきたしたものかと思われ、腫瘍性変化は少ない

ものと思われるが、念のための病理検査は必要となる。

2017年3月13日 (月)

ネコちゃんの停留精巣

 1歳の雄ネコちゃんの精巣のひとつが陰嚢に存在せず、かといってソケイ部にも

見当たらないため、腹腔に停留している場合も想定して準備したうえで手術準備を

していると、、、、

Imgp8189_2Imgp8191

術前にソケイ部にそれらしく触れるモノがあるが、また逃げたりして、でもこれに

間違いないだろうと皮膚小切開口から探索してみると

Imgp8193Imgp8195

 やはり精巣に間違いなかった。袋に入っている正常な方も切除して、最小の侵襲

による手術で両側切除できたのでネコちゃんにとってイイ手術になった。

2017年3月 9日 (木)

撓尺骨骨折 チョコちゃんの場合

 8カ月齢のトイ・プードルのチョコちゃんが高さ約1メートルのテーブルから落下直

後よりビッコをひいていると来院した。

いつものように麻酔下で一気に検査と処置まで実施してみると。

Imgp8300_2Imgp8302

 手根関節から3センチの位置で骨折しているが、なんとか骨折端は互いが乗っ

かっていて、すれ違うほどの変位はない。

 こういう場合はキャスティングの際のモールディングで変位を矯正することに

よって整復位が保たれる。

Imgp8288Imgp8289

 お約束の多血小板血漿(PRP)を注入してのちにギプスの下巻きを巻いて、

Imgp8294Imgp8298

 モールディングにより骨折部位を整復位に矯正すると、

Imgp8310Imgp8308

 骨折端が嵌り込み、ほぼ良好な整復位が得られた。このあと線維性癒合の間に

再び矯正モールディングにより、より整復位へ近づけることができ、また生体の持

つリモデリングの作用によっても本来の骨の形状に近づいていくことが証明されて

いる。

ただし、最初の2週間は再変位しやすいため厳重なケージレストが必要である。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年2月21日 (火)

脂肪腫切除

脂肪腫が徐々に巨大化して心配と切除手術することになった10歳のミロちゃん。

Imgp8106_2

 おちんちんの横に大きく成長した脂肪腫が占拠して寝起きにも少々不自由となっ

てきた様子である。

Imgp8109Imgp8110

 無駄に大きく切開せずに、最小創口より炭酸ガスレーザーのおかげでほとんど

出血することなく脂肪腫を摘出することができた。

他に2箇所小さい同様腫瘤があってこれも同様に切除した。

 明日から快適な生活となることだろう。

2017年1月13日 (金)

ネコの頭頚部がん

 ネコのヒロちゃん11歳が慢性副鼻腔炎の症状で数カ月来苦しんでいる。

転院後の様子を見ていると副鼻腔炎ではなく残念ながら腫瘍の可能性が高い。

 急速な症状悪化に対して一気に画像・細胞診断と治療までを麻酔下で実施する

ことになった。

Imgp7954

 ここで紹介するには忍びないほどに変形してしまった右の顔面だけではなく、

右上顎も腫れてきた。

Imgp7958

 光を増感する色素剤と抗がん剤を混合したものを腫瘍局所内に注入する。

腫れている顔面の病変部位にも同様注入して、

Imgp7967Imgp7964

近赤外線を照射すると局所内の光増感と増温そして抗がん剤の作用により腫瘍

胞が死滅する。

 温度をあげている間に静脈内には高濃度ビタミンC点滴を同時に実施すること

によってがん細胞を相乗的に殺してしまおうという治療の組み合わせである。

これに内服による低用量抗がん剤療法を併用してみると5日目には眼瞼の開閉

が可能になるほどの顔面の腫脹の消退と機能回復そして元気食欲の回復など、

全身状態の改善が見られた。

 このあとも副作用の少ない、QOLの維持を目指した治療を続けてあげたいもの

だ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ