« 飲み込んだ釣り針の外し方 | トップページ | 猫の副鼻腔炎への鼻腔吸引処置 »

2022年11月11日 (金)

PRP 多血小板血漿の膝関節腔内注射

10歳超ドーベルマンの膝関節炎にPRP注射をしたところ劇的な改善があったため

再度注射希望されて初回より18日目に来院された。

従来の一般的な治療で数か月改善がなく軋轢感著明だったものが消失し内転筋群の

硬結も改善していた。本日2度目の注射を実施してみると。

User0406 User0407

おとなしい子で無麻酔で腔内に注入できる。

病的膝関節内には通常の100倍程度の滑膜由来間葉系幹細胞が増殖していることが

わかっているがPRPに含まれる増殖因子によって治癒方向に細胞反応がカスケード

されていくようだ。

« 飲み込んだ釣り針の外し方 | トップページ | 猫の副鼻腔炎への鼻腔吸引処置 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飲み込んだ釣り針の外し方 | トップページ | 猫の副鼻腔炎への鼻腔吸引処置 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ