« 猫の副鼻腔炎への鼻腔吸引処置 | トップページ | トイプーの骨折 »

2022年11月14日 (月)

猫の腹腔内停留精巣の手術

右側の精巣が陰嚢内になく鼠径部にもない猫ちゃんの手術をしてみると

本来ならば膀胱横に存在するはずの停留精巣が見つからず鼠径管に

挟まりこんでいる様子である。

User0254 User0264

これ以上引っ張ると精管と脈管が傷みそうなくらい引っ張ったところで

確認すると鼠径管に精巣がすっぽり挟まっている。

0.5mm程度の小切開を加えるととたんに腹腔内に飛び出してきた。

User0270 User0272

創外で結紮して摘出終了となった。

 

 

 

 

« 猫の副鼻腔炎への鼻腔吸引処置 | トップページ | トイプーの骨折 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫の副鼻腔炎への鼻腔吸引処置 | トップページ | トイプーの骨折 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ