« PRP 多血小板血漿の膝関節腔内注射 | トップページ | 猫の腹腔内停留精巣の手術 »

2022年11月12日 (土)

猫の副鼻腔炎への鼻腔吸引処置

若いころから鼻が詰まって日によっては食欲がなくなる10歳超の猫ちゃんが

鼻腔吸引の処置をしてみることとなった。

User0336 User0333

粘ちょう性のある血膿が大量に吸引されてくる。

User0368 User0350

鼻腔を押さえつつ温めた生理食塩水で洗浄してまた吸引するをきれいになるまで

繰り返して

User0373 User0376

凍結保存PRPを解凍後に鼻腔内に5分程度作用させて終了。

程度の差はあれ改善効果が期待できる低侵襲な治療方法である。

 

 

« PRP 多血小板血漿の膝関節腔内注射 | トップページ | 猫の腹腔内停留精巣の手術 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PRP 多血小板血漿の膝関節腔内注射 | トップページ | 猫の腹腔内停留精巣の手術 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ