« 猫の慢性ブドウ膜炎の手術 | トップページ | 飲み込んだ釣り針の外し方 »

2021年9月17日 (金)

猫の大腿骨骨折治療

5歳の猫ちゃんが2階から転落してからビッコをひいていると来院

レントゲン検査してみると

20210913_095852 20210913_095901

右の大腿骨が膝関節直上にて骨折し骨片も飛んでいる

皮膚を精査すると近位骨折端が一瞬飛び出したのであろう裂傷も確認されたため

急ぎ同日手術実施することとなった

Dsc02339 Dsc02342

Dsc02344

開創してみると大腿骨外顆がまさかの縦割れを生じていたため

極太縫合糸にて締結後にやむなくラッシュピンの変則シングルのみの髄内固定として

線維性癒合するまでの2週間はギプス外固定も併用することとした

もちろん骨癒合と関節再構築を促進するためPRP(多血小板血漿)も作用させた

20210914_104729 20210914_104736

 

 

 

 

 

« 猫の慢性ブドウ膜炎の手術 | トップページ | 飲み込んだ釣り針の外し方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫の慢性ブドウ膜炎の手術 | トップページ | 飲み込んだ釣り針の外し方 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ