« 上腕骨骨折 ミックス犬4歳の場合 | トップページ | 下腿骨骨折のその後 »

2021年3月 8日 (月)

骨折続く 幼柴の下腿骨の場合

週末上腕骨骨折手術したばかりなのに週明けの本日は別の柴犬4か月令の下腿骨骨折

で上診、直ちに麻酔下で検査と外科処置を実施した。

Imgp0854 Imgp0856

4日前に車のドアに挟んで近医で外固定されていたというが直後よりも

変位が激しいそうである。

Imgp0822 Imgp0825

変位が強いためやむを得ず開創してピンニング PRP(多血小板血漿)注入

ギプス固定といっきに処置を行う。

Imgp0857 Imgp0862

2週間後に抜ピン 4週間後にギプス解除の予定。

軽トラのドアに誤って挟んでしまった、とどういうわけか飼い主さんも1週間前に骨折した

という手首のギプスを撫でながら報告してくれた。

 

« 上腕骨骨折 ミックス犬4歳の場合 | トップページ | 下腿骨骨折のその後 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上腕骨骨折 ミックス犬4歳の場合 | トップページ | 下腿骨骨折のその後 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ