« 前腕骨折 プティちゃんの場合 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

2020年11月21日 (土)

恥骨前尿路設置術

交通事故受傷現場より保護され、排尿困難で約半年間通院加療してきた

オス猫ちゃんがいよいよ導尿困難となり手術治療することになった。

Dsc02275

開腹し、膀胱頸より遠位尿道をできるだけ長く温存して

後腹部より排尿させる手術方法である。

Dsc02277

遠位で切断した尿道断端より膀胱内を洗浄する。

Dsc02284

腹腔外へ尿道を引き出す。

Dsc02293

このあとこの人工外尿道口より排尿が可能となり

排尿時の痛みと残尿感や通院の苦労から解放されることとなる。

 

 

« 前腕骨折 プティちゃんの場合 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前腕骨折 プティちゃんの場合 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ