« ネコの大腿骨遠位成長板骨折 | トップページ | 釣り針事件のシーズン到来 »

2018年4月 9日 (月)

ワインちゃんの聴力回復

 ワインちゃん 12歳雑種犬が約半年間の聴力低下で困っていたが、内視鏡下
 
処置により3日後から聴力回復して呼びかけに反応するようになった。

Imgp9457

 耳垢と毛が固く塊状になったものが鼓膜にピタッと張り付いていた。

生理食塩水で洗浄と水圧による付着部の軟化によりようやく挟まりこんでいた塊

がポロっと取れてきた。

Imgp9459

軟化していてもまだ硬いままの塊。

Imgp9461

鼓膜の下方に塊が固着していたことによるせん孔が認められた。

洗浄液回収後に多血小板血漿(PRP)を注入して終了したが、このあと3日後に

は聴力が回復したことを再診時に飼い主さんが嬉しそうに教えてくれることになっ

た。

 聴力低下や難治性の外耳道炎があるときはこのような内視鏡的処置が功を奏

することがあるので是非相談してほしいものだ。

 

 

 

« ネコの大腿骨遠位成長板骨折 | トップページ | 釣り針事件のシーズン到来 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの大腿骨遠位成長板骨折 | トップページ | 釣り針事件のシーズン到来 »