« 前腕にできた瘤の摘出 | トップページ | 胃の中にゴムバンドの塊 »

2017年10月12日 (木)

前腕骨折 ミッキーちゃんの場合

6ヶ月で体重10キログラムの犬の前腕骨折があった。
 
受傷後すでに2日間が経過している。少しの高さから転落しただけという。
 
すぐに検査・手術を一気にしてみると、

Imgp9201 Imgp9204

撓骨は筋肉の深い部分で、尺骨は斜め骨折して治すのに骨が折れそうな折れ方

をしている。

Imgp9169 Imgp9175

開創して筋肉のストレッチをしながら骨を合わせてみる。

橈骨・尺骨とも時間はかかったがなんとか整復位に持ってこれる。

Imgp9180 Imgp9182

 手術前に採血しておいた本人の血液から多血小板血漿をゲル状に加工して

これを骨折部位に充填すると治癒過程で骨増生が活発になる。

Imgp9197 Imgp9199

髄内ピンを挿入してキャスティング固定して終了とする。

 この先数週間ごとに1本ずつ抜ピンして最終的にキャスティング解除する間に太

い骨になって治癒する。

 

 

 

« 前腕にできた瘤の摘出 | トップページ | 胃の中にゴムバンドの塊 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前腕にできた瘤の摘出 | トップページ | 胃の中にゴムバンドの塊 »