« 胃の中にゴムバンドの塊 | トップページ | 前腕骨折 ミッキーちゃんの場合 2 »

2017年10月21日 (土)

新生児眼炎からの瞼球癒着の形成手術

1歳弱のネコちゃんが避妊手術を受けるにあたって、幼少時期からの眼の不具合
 
同時に手術することとなった。

Dsc01284 Dsc01426

Dsc01427 Dsc01432

瞼と眼球周囲の結膜やら瞬膜やらが一緒くたになって角膜とくっついている状態。

これは新生児眼炎から生じる線維性癒着であり、丁寧に顕微鏡をのぞきながら

癒着をそっとはがしていく地道な作業を続けていくときれいな角膜が現れた。

Dsc01431 Dsc01287

Dsc01435_3 Dsc01438

治癒促進のためのお約束のPRP(多血小板血漿)を球結膜嚢内に注入して対側

も処置するが、こちら側の方が癒着がひどくて難航するが、瞬膜の形も整って無事

終了することができた。

 これで視野が広がって生活がしやすくなることだろう。

 

 

« 胃の中にゴムバンドの塊 | トップページ | 前腕骨折 ミッキーちゃんの場合 2 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胃の中にゴムバンドの塊 | トップページ | 前腕骨折 ミッキーちゃんの場合 2 »