« 膀胱結石 雄の柴犬の場合 | トップページ | 釣り針事件 »

2017年7月20日 (木)

フィービーちゃんのおなかの腫瘍

 2年前におなかの腫瘍で摘出手術を受けたフィービーちゃん13歳がここにきて
 
欲不振の症状を呈して腫瘍の再発が発見され、再開腹手術を実施することと
 
なった。以前の組織所見は血管肉腫ということであった。
 
 手術後1年半の間抗腫瘍効果のあるNSAIDSであるフィロコキシブを服用してい
 
が、ここ半年間投薬をやめてからの再発なので、腫瘍抑止効果は確かにあった
 
言える。

Dsc01298

 脾臓に腫瘤塊が確認され、大網と癒着する箇所も確認されたため摘出する。

Dsc01302_2

 左腹壁にも骨と同様の硬さの腫瘤が形成されていてこれも周囲の腹筋ごと摘出

する。

 腸間膜にも大きな腫瘤塊があって、これは腸管ごと切除して端端吻合・大網によ

る吻合部の保護、までを一気に実施した。

Dsc01306_2 Dsc01309_2

Dsc01311

脾臓、腸間膜と腸管、腹壁の腫瘤塊と3つ 摘出することができた。

Dsc01318

このあとの再発防止策を慎重にしていきたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 
 

« 膀胱結石 雄の柴犬の場合 | トップページ | 釣り針事件 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 膀胱結石 雄の柴犬の場合 | トップページ | 釣り針事件 »