« お花ちゃんの副鼻腔炎その後 | トップページ | 膀胱結石 雄の柴犬の場合 »

2017年6月23日 (金)

高プロジェステロン血症による糖尿病

 避妊手術をしていなかったM・DAXのマリンちゃん14歳がここに来て体調不良と

なっている。

 血液検査では高血糖であるが、ここ数年の食事管理は良く、約1か月前に発情

兆候があったため、高プロジェステロン血症によるインスリン抵抗性によって糖尿

病の症状が出ているものと判断して、症状を整えたのちに開腹手術を実施した。

Imgp8751

 やはり黄体が両側性に過形成を起こしていた。

 この3日後には、調子を崩す前より元気・食欲が出てきたと飼い主さんが嬉しい

報告をしてくれるほどに快復することとなった。

« お花ちゃんの副鼻腔炎その後 | トップページ | 膀胱結石 雄の柴犬の場合 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お花ちゃんの副鼻腔炎その後 | トップページ | 膀胱結石 雄の柴犬の場合 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ