« お花ちゃんの副鼻腔炎 | トップページ | 高プロジェステロン血症による糖尿病 »

2017年5月27日 (土)

お花ちゃんの副鼻腔炎その後

 お花ちゃんが前回の鼻腔洗浄・PRP注入治療して1カ月余り経過してここのとこ

ろ再び鼻づまり症状が悪化してきたため同様の治療をしてみることになった。

前回は超粘稠な膿性鼻汁が大量に蓄膿して洗浄排出されたが、今回症状の割に

は蓄膿はかなり少なく数回の吸引で膿は回収されなくなり、洗浄してもそれ以上の

回収は不可能なくらい蓄膿は減少していた。

Imgp8692Imgp8698

 今回は洗浄しても初回から清浄な逆流液であった。やはり前回のPRPの効果は

出ているようだ。初回治療から1ヶ月半空いてしまったが、2週間程度の間隔で数

回治療すると完治にいたる例を経験するのでそのような治療間隔が望ましいの

だろう。

« お花ちゃんの副鼻腔炎 | トップページ | 高プロジェステロン血症による糖尿病 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お花ちゃんの副鼻腔炎 | トップページ | 高プロジェステロン血症による糖尿病 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ