« 第15回再生医療学会へ参加して | トップページ | 副鼻腔炎のラステルちゃんのその後 »

2016年4月14日 (木)

前腕骨折 クッキーちゃんの場合

 10ヵ月齢のトイ・プーのクッキーちゃんが飼い主さんとボール遊びをしていて

前腕を骨折したようだ。

 最近のトイ種の骨は骨折しやすいので注意が必要である。

 本来肉食の犬が穀物成分の多いドライフード主体で維持していると、骨の

マトリックス構造であるⅠ型コラーゲンの分子構造に脆弱さが出てこないのか、

どの検証はなされていないのだろうか。

Imgp7100_2Imgp7098_2

 手根関節付近の斜骨折で難易度は高い、ということは治りにくい、ということ。

麻酔下で検査から処置まで一気にやる。

Imgp7062Imgp7066Imgp7070

Imgp7071Imgp7079Imgp7089_2

お約束の骨癒合促進作用のあるPRPゲルまで作成挿入して手術終了する。

Imgp7095Imgp7093

割り箸くらい細い撓骨の細い髄腔と骨の本来のカーブ、ピンの細さなどから近位

は3mmくらいしか髄腔に入らないが、これで2-3週間維持できればよい。

 あとは線維性癒合により変位することは無くなり外固定のみで治癒していく。

« 第15回再生医療学会へ参加して | トップページ | 副鼻腔炎のラステルちゃんのその後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第15回再生医療学会へ参加して | トップページ | 副鼻腔炎のラステルちゃんのその後 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ