« フィラリア症  カービーちゃんの場合 | トップページ | トイ・プードルの骨折 »

2015年12月19日 (土)

シーズーの扁平上皮がん

 ミッキーちゃん12歳の下顎から頚にかけてできた腫瘍を切除することになった。

これまで数回付近にできたものを切除したが、今回急速に増生してきたものである

Dsc00362Dsc00363

生活の質はかなり低下してきているようである。

Dsc00366Dsc00369

できるだけの根治拡大手術をしたいが、切除しすぎると皮膚が後に足りなくなるし

で悩ましいところだ。

Dsc00374Dsc00377

腫瘍は両側の外頚静脈を巻き込み、最後は右の外頚静脈を巻き込んでいる部分

を切離できた。

難易度の高い手術であったが、電メスと炭酸ガスレーザーのおかげで安全確実に

終了できた。

Dsc00380

最後に凍結多家PRPを注入して縫合、終了となった。

 この手術によって、当面の生活の質の向上は確保できるかと思われるが、再発

のリスクは飼い主さんと共有していかなければならない。

« フィラリア症  カービーちゃんの場合 | トップページ | トイ・プードルの骨折 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フィラリア症  カービーちゃんの場合 | トップページ | トイ・プードルの骨折 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ