« シーズーの扁平上皮がん | トップページ | ドアに手を挟んでの前腕骨折 »

2015年12月25日 (金)

トイ・プードルの骨折

 トイ・プーのモコちゃん 8ヵ月齢が高さ60センチのベッドから落ちた瞬間に前腕

が変形したと、あわてて病院に駆け込んでこられた。

Imgp6644Imgp6646

 トイ種は何でもないような高さから転落して、着地時にこのように骨折することが

多い。

 骨の変形は著しいが、幸い骨折端の変位がなく、骨折端同士が乗っかったまま

である。

 このようなときは助手と息を合わせて整復し、ただちに外固定を実施してみる。

Imgp6639Imgp6640

 うまく整復でき、キャスティング固定ができた。

もちろん骨癒合を促すPRP(多血小板血漿)を骨折部位に注入している。

 年が明けると卒後35年にもなろうというのに、この部位の骨折がいまだに治療

法についてこれが正解という答えが出ていないのがもどかしい。

 ただ、従来の解剖学的整復より生物学的骨癒合を目指す方向にはあって、

じゅうぶんな化骨形成を促す方法が望ましいとされてきている。

« シーズーの扁平上皮がん | トップページ | ドアに手を挟んでの前腕骨折 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シーズーの扁平上皮がん | トップページ | ドアに手を挟んでの前腕骨折 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ