« 慢性副鼻腔炎に対するPRPの効果 | トップページ | 撓尺骨骨折 プリモちゃんの場合 »

2015年9月 1日 (火)

口腔内腫瘍の治療

 ミニチュアダックスの○ッシちゃんが口を気にして、精査すると上顎に腫瘍が見

つかった。肉眼所見・細胞所見ともにメラノーマのようである。

Imgp6149Imgp6151

外側の腫瘤を切除すると硬口蓋に浸潤する腫瘍性病変が認められた。

Imgp6152Imgp6156

ネオCキューブでの温熱治療と高濃度ビタミンC点滴療法により腫瘍細胞縮小を

狙う。

Imgp6190

腫瘍は溶けるようにして減容積できていた。

2週間後も高濃度ビタミンC点滴療法を継続して受ける。

« 慢性副鼻腔炎に対するPRPの効果 | トップページ | 撓尺骨骨折 プリモちゃんの場合 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 慢性副鼻腔炎に対するPRPの効果 | トップページ | 撓尺骨骨折 プリモちゃんの場合 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ