« 再生医療学会ざんまい | トップページ | 脂肪腫摘出にPRP適用 »

2015年4月13日 (月)

うさぎの子宮水腫

 まだ2歳半と若いウサギのタックちゃんが数週来の腹囲膨満の主訴で手術治療

なった。

事前のエコー検査では子宮に液体が貯留していることまでは分かっていたが、、。

Imgp5292

 開けてみると漿液が貯留して異常に膨らんだ子宮角が確認された。

慎重に卵巣ごと全摘出と相成った。

膣壁の先天異常等で貯留したものかと考察されるが、身軽になってこのあと元気

に生活できることだろう。

« 再生医療学会ざんまい | トップページ | 脂肪腫摘出にPRP適用 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再生医療学会ざんまい | トップページ | 脂肪腫摘出にPRP適用 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ