« 急性フィラリア症 H27年版  | トップページ | うさぎの子宮水腫 »

2015年3月24日 (火)

再生医療学会ざんまい

ヒトの再生医療学会と獣医再生医療学会が横浜・東京と続けてあったため

少し長めの出張となったが出かけてみた。

Img_0565

ヒトの再生医療は昨年の法改正に伴って一気に臨床応用に向けての動きが出て

きた。ノーベル賞受賞者の山中伸弥教授のCiRAでの研究の紹介があり、多くの

臨床応用に向けた解説があってたいへん興味深かった。

 細胞・サイトカイン・バイオマテリアルを使用して生体のもつ自然治癒力を上げる

とが再生医療の目的であるという、田畑泰彦先生の講義が心に残った。

Img_6

 3日目午後には東京へ移動して今度は獣医再生医療学会へ参加した。

増田健一先生の教育講演でのヒトと異なる点への注意喚起などわたしたちが陥り

やすい個所を説明していただいたことが大きな収穫であった。

横山篤志先生の豊富な症例からの考察は大いに勉強になった。

 

 翌日は野一色泰晴横浜市立大学医学部教授のうんちくのあるお話を興味深く聞

かせていただいた。見えにくいもの、想像しにくいものにも意識を配る、と研究にも

有効である、とういうようなお話に深さを感じました。

 私も発表させていただく機会があり、「間葉系幹細胞移植により改善した再生

性貧血の1例」を報告したところ獣医臨床病理学の大家の石田卓夫先生から

過分な評価をしていただき、発表した甲斐があった。こういう場で症例報告を

して多くの方から批判等を受けて、そういう積み重ねが進歩を生むというお話に

おおきな愛情を感じました。

 

 もう春とはいえ寒さが残る東京に1週間近くいると暖かい沖縄が恋しくなるもので

« 急性フィラリア症 H27年版  | トップページ | うさぎの子宮水腫 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 急性フィラリア症 H27年版  | トップページ | うさぎの子宮水腫 »