« 爪基部の細胞増殖 | トップページ | のどの腫瘍 »

2014年9月11日 (木)

今どきのジステンパー

 1歳のポメラニアンが数日来の元気食欲不振で来院。

 臨床的には犬のはしかであるジステンパーをもっとも疑う所見であった。

最後に診た症例はもう何年前になることだろう。 

最近は経験のない若い臨床医も少なくないことだろう。

 初期のコアワクチン接種が不完全で、ペットショップ内飼育中に一度早期のワク

チン接種を受けたのみ、との聴取が得られた。

_34jpeg_33jpeg

 膿性眼脂多量の結膜を擦過・細胞診すると封入体が明瞭となり感染を裏付けさ

れる。

 眼の前の症状から治療に及び腰になる飼い主さんの気持ちもよくわかる。

« 爪基部の細胞増殖 | トップページ | のどの腫瘍 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爪基部の細胞増殖 | トップページ | のどの腫瘍 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ