« 非再生性貧血症のキラちゃん | トップページ | 避妊手術のような去勢手術 »

2014年2月22日 (土)

股関節脱臼 ジョンちゃんの場合

 ヨーキーのジョンちゃんがソファーでくつろいでいるときに、わからずに飼い主さ

んがその上に座ってしまい、足の形がおかしくなっていると、半ベソ状態で来院

された。

Imgp3144

 股関節の前背方脱臼を起こしている。(写真裏表が逆)

Imgp3134 Imgp3137

 整復後に関節内・周囲の構造を修復促進させるために自己血より多血小板血漿

(PRP)を作成して股関節内に注入する。損傷を受けた関節では健常時の100倍

くらいの滑膜由来間葉系幹細胞が増加するという。これをPRPに含まれる成長因

子によって関節内組織に分化誘導させる目的である。

Imgp3152 Imgp3154

 100回ほど股関節内をなじませるための圧着スイングをしてのちにエーマースリ

ングで固定する。

 14日後に固定解除してすっかり元通りに歩けるようになってようやく飼い主さん

も安心されたようすである。

« 非再生性貧血症のキラちゃん | トップページ | 避妊手術のような去勢手術 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 非再生性貧血症のキラちゃん | トップページ | 避妊手術のような去勢手術 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ