« 直腸のリンパ腫 | トップページ | 糖尿病犬の卵巣子宮摘出 »

2014年1月21日 (火)

獣医アトピーアレルギー免疫学会

 シリーズで受講していた技能講習も最終回を迎えることになった。

全6回でアトピー・アレルギーの診断・治療とそれに関する基礎的な免疫学を

学ぶことができた。

Imgp0450

 今回は腸内環境の免疫学と人工リンパ節の構築についての特別講義があり、

生物学・医学・工学の枠を超えた手法による研究開発がどんどん進んでいること

伝わってくる。

 なぜヨーグルトを食べると身体にいいのか?が統合オミクス解析技術(慶応義塾

大学先端生命科学研究所)を駆使して明快になったことに驚き、

また人工リンパ節の構築における基礎研究でリンパ組織の再生ができることだけ

でなく、がんの免疫細胞治療のエビデンスが散見されることに驚く。

« 直腸のリンパ腫 | トップページ | 糖尿病犬の卵巣子宮摘出 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 直腸のリンパ腫 | トップページ | 糖尿病犬の卵巣子宮摘出 »