« ネコの乳がん | トップページ | 頚部の腫瘤 »

2013年12月 6日 (金)

大型犬の子宮蓄膿症 

 数日前から元気食欲低下した、ゴールデンレトリバー、8才の子宮蓄膿症を手術

することになった。

Imgp2918 Imgp2926

 手術前の腹囲は膨満し、開腹すると大きく蓄膿した子宮角がド迫力で迫ってくる

総重量1700gであった。

                        ー

 内科的に子宮筋を収縮させる注射剤を使用する方法もあるが、子宮破裂の恐れ

副反応としての全身状態の悪化をきたすこと、次回の発情後に再発することな

どから外科手術で子宮ー卵巣とも全摘出するのがもっとも望ましい方法である。

 

« ネコの乳がん | トップページ | 頚部の腫瘤 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの乳がん | トップページ | 頚部の腫瘤 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ