« 右大動脈弓遺残症 | トップページ | 第34回動物臨床医学会 年次大会 »

2013年11月 1日 (金)

ネコの下顎腫瘍への高濃度ビタミンC点滴

 23歳のご長寿ネコのテンちゃんの下顎が腫れてしだいに採食困難となってきた

Imgp2718

 おそらく骨に発生した腫瘍と考えられるが、検査・治療に負担をかけられず、

高濃度ビタミンC点滴療法の同意を得て治療を開始してみると、

Imgp2723

翌日から元気・食欲が増して、ダラダラと垂れていた唾液がすっかり少なくなって

いると飼い主さんが申告してくれる。

« 右大動脈弓遺残症 | トップページ | 第34回動物臨床医学会 年次大会 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 右大動脈弓遺残症 | トップページ | 第34回動物臨床医学会 年次大会 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ