« 腸管内糸状異物 | トップページ | 高濃度ビタミンC点滴療法の効用 »

2013年10月22日 (火)

線維腫のポポちゃん

 

 外陰部の上の方に腫れものがあるという主訴で来院したポポちゃん12才。

細胞診・エコー検査の後に摘出手術を試みると、

Imgp1674 Imgp1677

Imgp1681 Imgp1688

Imgp1691

 複雑に内部に入り込む個所もあってかなり時間を要したが無事全摘出を終えた

病理結果は線維腫ということで、再発の心配もないようで一安心である。

                       ー

先日、大分動物整形外科の樋口雅仁先生の手術セミナーがあった。

両側パテラの整復手術で、日田市まで行かないでも高名な先生の手術が見れる

機会はそうあるものではなく、新しい治療方法をじっくり勉強させていただいた。

Imgp0245 Imgp0278

« 腸管内糸状異物 | トップページ | 高濃度ビタミンC点滴療法の効用 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腸管内糸状異物 | トップページ | 高濃度ビタミンC点滴療法の効用 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ