« 好酸球増加症の口内炎ネコ その2 | トップページ | 下唇腫瘍のその後 »

2013年8月31日 (土)

難産でたいへんなことに

 モモちゃん4歳が3日前からの難産で1胎も娩出できない、ということでとうとう

母体が衰弱してきた今ごろになって来院された。

 レントゲンで3胎の赤ちゃんと骨盤の変形が認められた。

母体がショック状態に陥っているために点滴後に緊急手術を実施すると、、、。

Photo23

 膨れ上がった妊娠子宮にはすでに変化した胎子があって、産道に下りている

一つを移動するためにやむなく切開して摘出しその後全摘出する。 

 胎子と変形骨盤との間で圧迫されたのだろうか、一部子宮壁がバーストしてい

た。

 翌日にはモモちゃんは元気が快復したが、もう一日遅ければ命の心配があった

かと思われる。 

 もう少し早く来ていただけないものかと、いつものため息が出るのであった。

 

« 好酸球増加症の口内炎ネコ その2 | トップページ | 下唇腫瘍のその後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 好酸球増加症の口内炎ネコ その2 | トップページ | 下唇腫瘍のその後 »