« 脂肪由来幹細胞移植で歩けるようになった。 | トップページ | 腹壁尿路変更手術 »

2013年6月14日 (金)

ネコのチェリーアイ

 チュンサン4歳のチェリーアイをここ数回、表面麻酔下で整復していたが、

いよいよ脱出したまま還納しなくなったため外科処置することとなった。

Imgp1378Imgp1388

 反転脱出している腫脹した瞬膜腺およびリンパ組織を炭酸ガスレーザーで一部

心円状に蒸散して減容積する。

Imgp1391Imgp1386

 次にTの字の瞬膜腺軟骨の曲がってしまった部分をレーザーの凝固力で矯正。

これで再脱出せず、涙液産生障害も来さないことをここ10年確認しつつ施術して

いる。

 約30年ほど前にアメリカの獣医師によって開発された整復法は縫合糸を使用

するため合併症を伴うことがあったが、私オリジナルの本法ではその心配がない。

« 脂肪由来幹細胞移植で歩けるようになった。 | トップページ | 腹壁尿路変更手術 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脂肪由来幹細胞移植で歩けるようになった。 | トップページ | 腹壁尿路変更手術 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ