« 下唇腫瘍の再発 | トップページ | 消化器型リンパ腫 »

2013年5月26日 (日)

肢端の腫瘍切除

 アイスちゃん13歳の足にできた腫瘍を切除することになった。

この子は2年前にフィラリア強陽性で、イミトサイド注射剤による駆除を実施して

良好に治癒した子である。

 昨年一度同じところにできたものに対してインターフェロンω注入により消失した

が、ここにきて再発したようだ。

Imgp1162Imgp1166

 炭酸ガスレーザーでサクサク切除できたが、飼い主さんへの事前の説明通り

やはりそのまま縫合するには皮膚が足りなくなった。

Imgp1171Imgp1175

Imgp1179Imgp1183

 血行不良が起きない程度に皮下識を寄せて、予め採血しておいた自己血より

多血小板血漿ゲルを作成してこれを創に貼付してフィルムドレッシングして終了

この後続いて処置した抜歯窩に残りのゲルを挿入して治癒促進を図る。

Imgp0109Imgp0111

 先日、同窓会の仕事で北海道へ。

時計台は変わらずビルの間に佇んでいたが、その下の地下道は様変わりしてい

て時の流れを感じた。

 大学は建物さえ新しくなりその数も増えたが、全体の雰囲気はまったく変わらず

学生時代の自分にすぐに戻ることができた。

 

« 下唇腫瘍の再発 | トップページ | 消化器型リンパ腫 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下唇腫瘍の再発 | トップページ | 消化器型リンパ腫 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ