« 横隔膜ヘルニアというケガ | トップページ | さらに続く会陰ヘルニア手術 »

2013年4月 2日 (火)

また会陰ヘルニアの手術をすることに

 続くときは続くもので、この1ヶ月の間に会陰ヘルニアの手術が3件目となった。

直腸憩室ができて、排便困難になっていたベッカムくんに手術治療を実施した。

O8x9ontsvpayujxcaezqwif8mqdesnimhfoTtaybueitv8tcla8kxpqhktgrhbttkmei_k

 ヘルニア輪と周囲の状況を確認後に座骨より内閉鎖筋を剥離。

Avo6nvxozjtzhtxeczexevjnvp8dlh3ho3yTgo_0_jd3gcjputlcedbczszr6wiv7rhurj

 外肛門括約筋、肛門挙筋、尾骨筋、仙結節靭帯、内閉鎖筋などの自己生体材料

を縫合することによってヘルニア輪を閉じることを目的にデザインされた術式だが

筋肉が委縮していることも多く、繊細なテクニックが必要とされる場面も多い。

要所を炭酸ガスレーザーで処置するため出血のほとんどない手術が可能となる。

                         ー

120628tvh_064

 子どもの用事が終わって、ホッとするのもつかの間、油断したのか風邪をこじら

せて咳が止まらなくなってきた。 

 マイコかクラミジア(オウム病)を疑わせるようなしつこい咳に夜間も眠れず。

けいこをお休みにして休養することにしよう。

« 横隔膜ヘルニアというケガ | トップページ | さらに続く会陰ヘルニア手術 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横隔膜ヘルニアというケガ | トップページ | さらに続く会陰ヘルニア手術 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ