« 犬の乳腺腫瘍 ソフィーちゃんの場合 | トップページ | 獣医アトピー・アレルギー・免疫学会 第7回シンポジウム »

2013年1月12日 (土)

根尖周囲膿瘍 チャチャちゃんの場合

 9歳のチャチャちゃんの顔が腫れてきた。右の鼻の上だが鼻の症状はないので

歯根から来ているのだろうと、投薬してのちに手術治療となった。

Imgp0211

 手術当日の朝になって、眼の下に自潰して血膿が出てきた。

Imgp0213

 第4前臼歯に歯石が重度に沈着して歯周病が進行して3根あるすべての歯根が

傷んでいることがわかり分割抜歯する。

Imgp0215

 歯根ー上顎洞ー自潰孔と連続して繋がっていることがわかる、痛々しい写真。

Imgp0218

 対側の同じ歯も怪しいのでは、と診てみると、やはり同様に歯根が露出するよう

に歯肉が退縮していていて動揺もあるのでこれも分割抜歯した。

Imgp0223

 その後歯石を除去して口腔内環境はかなり改善できた。

れで不快な症状発現はうんと少なくなることだろう。

120417tvh_046

 年末年始の道場のお休みと仕事の都合とで約3週間けいこをしていなかった。

股関節まわりの筋肉が カターク なっていることに気づく新年けいこ1日目。

気の充実にはほど遠いことに気づくけいこ2日目。

調子が出てくるまでにまだまだ時間がかかりそうな中年オヤジの困った身体。

« 犬の乳腺腫瘍 ソフィーちゃんの場合 | トップページ | 獣医アトピー・アレルギー・免疫学会 第7回シンポジウム »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬の乳腺腫瘍 ソフィーちゃんの場合 | トップページ | 獣医アトピー・アレルギー・免疫学会 第7回シンポジウム »