« 橈骨無形成のネコちゃん その後 | トップページ | 子宮蓄膿症 プリンちゃんの場合 »

2012年12月28日 (金)

軟口蓋過長症 アイルちゃんの場合

 去勢手術と同時に軟口蓋とレントゲン写真での半側脊椎症を確認することにな

った8か月令のフレンチブルのアイルちゃん。

Imgp0057Imgp0058_2

 軟口蓋は大きく太く腫れていたので今後のことを考えて切除することになった。

Imgp0093_2

 第10胸椎 (写真中央) が台形に変形している。

高率にフレンチブルに見られる脊椎の形成不全である半側脊椎症がやはりあった

 発生個数が多かったり変形が強いと、あるとき急にバックペインの症状を呈する

場合もある先天異常であり、あらかじめ飼い主さんが検査によりわかっておくべき

異常かと考える。

120417tvh_046

 仕事の急用があってけいこ納めに参加できずに残念、、、。

毎年年末になると不思議と急病などで忙しくなる因果な職業?だけど、、、、

もうかれこれ30年以上も続けてこれたんだなあ、と支えてくださる周囲のみなさま

に感謝である。

 

« 橈骨無形成のネコちゃん その後 | トップページ | 子宮蓄膿症 プリンちゃんの場合 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 橈骨無形成のネコちゃん その後 | トップページ | 子宮蓄膿症 プリンちゃんの場合 »