« 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後4 | トップページ | 腸閉塞 トビ―ちゃんの場合 »

2012年12月20日 (木)

ネコのパルボウイルス感染症

 マルちゃん6か月令が10数回の嘔吐をして来院した。

消化管内異物の疑いで近医より紹介されてきたものだが、若齢でワクチン未接種

で外にも行くということで末梢血をNMBによる超生体染色で確認すると白血球が

ほぼゼロで、パルボウイルス感染症を疑いただちに入院治療を開始した。

Imgp2133

 入院2日目に排泄された泥状便を検査するとやはりパルボテスト陽性であった。

Imgp2138Imgp2139

 インターフェロン療法他に反応が鈍く次第に衰弱が激しくなってくる。 

供血ネコより40ml採血して遠心分離後に白血球層と血漿を成分輸血する。

このあと、血様便の排泄などの心配な症状も出てきたが、劇的に全身状態は改善

して、2日後に退院することができた。

120417tvh_046 

 後ろ回し蹴りがまだまだ難しい。

すばやく首を回転することが動作の始まりなのだが、日常では50数年間してこな

かった動きなのだから難しくて当然か、、、、。

« 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後4 | トップページ | 腸閉塞 トビ―ちゃんの場合 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後4 | トップページ | 腸閉塞 トビ―ちゃんの場合 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ