« 片側2本足になっても歩くネコ ピッキー | トップページ | 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後2 »

2012年11月20日 (火)

題33回動物臨床医学会に参加して

 動物臨床医学会の年次大会にひさしぶりに参加させていただいた。

この10年ちかくは勤務獣医師に参加してもらうことが多かったが、実際に参加

すると最先端の各科の基礎研究や臨床試験に触れることができてたいへん勉強

になった。

Img_19_2

 25年以上前から入会・参加しているのでひとけた台の年次大会から参加させて

いただいていることになるが、年々内容が盛りだくさんになっていまや延べ3日間

の大きな大会になっている。

 今回の収穫は 東京農工大学 伊藤 博先生の腫瘍学講義

           大阪府開業   岸上義弘先生の再生医療

           韓国 開業      Hyejin Kim 先生の多血小板血漿の臨床応用

           神奈川県開業 城下幸仁先生の 気管支内視鏡のお話

           大阪府開業  藤村正人先生の ワクチン副反応 

 などなど、明日からすぐに役立つ貴重な口演を聞くことができたことである。

あとからプログラムを見ると、なんと22時間くらい聴講したことになっていた。

Imgp2095

 中之島の会場上階から雨にけぶる大阪の街並みを眺めながらのコーヒータイム

Imgp2097

 にぎやかな天満の街に食事に出かけると韓国料理屋さんで生ビールならぬ

生マッコリを発見、翌日の聴講に触るといけないので試飲できなかったが、

次の機会に飲んでみることにしよう。

 

« 片側2本足になっても歩くネコ ピッキー | トップページ | 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後2 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 片側2本足になっても歩くネコ ピッキー | トップページ | 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後2 »