« 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後2 | トップページ | 爪切除手術サリーちゃんの場合 »

2012年11月25日 (日)

ネコのリンパ腫症

 もともと外猫ちゃんだった3歳のネコが下顎が腫れているとの主訴で検査のため

来院した。

Imgp1824Imgp1828

 下顎リンパ節に相当する個所が径2㎝程度に腫れているが、その他の体表リン

パ節と脾臓は腫れていない。 

 挿管時に観察すると、扁桃腺が萎縮している。

針吸引細胞診によって、リンパ節炎は否定され、同時に実施したエイズ検査で陽

性と出てくる。

Imgp1830

 インターフェロンωを局注して、縮小効果を図る。

Imgp2110Imgp2123

 半日休をいただいたので、ひさしぶりに中部のヤマに走りに来ると、お気に入り

の絶景ポイントになんといつの間にやら携帯電話の電波中継塔らしき構造物が

建っていて、がっかり。

 しかし約半年ぶりのオフロードライディングに絶好の秋晴れが心地よかった。

« 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後2 | トップページ | 爪切除手術サリーちゃんの場合 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下顎腫瘍への光線温熱化学療法 その後2 | トップページ | 爪切除手術サリーちゃんの場合 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ