« 膿瘍破裂あとの縫合 | トップページ | 乳腺腫瘍 ゴンちゃんの場合 »

2012年9月21日 (金)

子宮蓄膿症 ルナちゃんの場合

 もうすぐ8才のルナちゃんが数日前より食欲不振のため来院、子宮蓄膿症と

わかり数日通院後に全身状態の改善を見たあと一日入院点滴してのち本日手術

となった。 

 120921tvh_024120921tvh_026_4

 体重7kgの子の身体からこんなに大きく膨れ上がった子宮が出てくる。

白血球数約7万と著明な好中球増加があって、手術後も全身管理に気が抜けな

い。

120417tvh_046

 昨夜は演武に出る子どもたちの練習を見る機会があった。

試し割で軽く豪快に飛び蹴りを決める子どもたちに尊敬の念とともに嫉妬に似たよ

うな感情を覚える。 

 中年オヤジのわたしも、、、いやいや勢いで跳べたとしても蹴り・着地に失敗して

負傷、、、と、まねした後の顛末が正しく想像できることが哀しい。

120921tvh_026_3

120921tvh_026_2

120921tvh_026

 

« 膿瘍破裂あとの縫合 | トップページ | 乳腺腫瘍 ゴンちゃんの場合 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 膿瘍破裂あとの縫合 | トップページ | 乳腺腫瘍 ゴンちゃんの場合 »