« 軟口蓋過長症 ラズちゃんの場合 | トップページ | 中足骨骨折 »

2012年9月27日 (木)

ソケイ陰睾

 片側が陰のうに降りてこないでソケイに停留した精巣を持つヤタロウちゃんの

手術をする日が来た。

120922tvh_001

 検診の都度触診していたが、これまではソケイに触れず腹腔内に停留している

ものと診断されていたが、手術当日になってソケイ部に触診可能な精巣が存在

することがわかりお腹を開けないで済んだ。 (黒ずんでいる左側が正常側)

120922tvh_009120922tvh_011

ソケイに停留する精巣は逃げやすいので、左手で一度掴んだら手を持ちかえない

で創外に出すことがうまく手術できるコツである。

120927tvh_005

 昨日は本院がメインテナンス日により休診でわたしは久米島に出張診療に出か

けていたが、その間に積もったものだろうか、、、。

今朝の清掃時、隣の公園から吹きこんだ落ち葉の多さに秋の訪れを感じる。

120417tvh_046

 月曜日の練習でスクワットからの突き・蹴りのコンビネーションや体捌きを連続で

やったところ、久しぶりに筋肉痛になった。足の後ろ全体が鈍痛でイタタタタ。 

 師範 本間貴文先生は青年期の修行中にこれを休みなく連続30分、練習ごとに

やっていたそうで、道を極めるということはこういうことなんだなあ、とまだまだヤワ

な日々の練習内容を見直してみる良い機会になった。

 

« 軟口蓋過長症 ラズちゃんの場合 | トップページ | 中足骨骨折 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 軟口蓋過長症 ラズちゃんの場合 | トップページ | 中足骨骨折 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ