« 季節外れのフィラリア急性症  | トップページ | ヒヤヒヤものの骨折治癒 »

2012年8月24日 (金)

肛門周囲の腫瘍

 1年前に温熱治療でいったん引っ込んでいた腫瘍がここ最近急速に大きくなって

きたので切除希望となり手術治療することになった。

Imgp1326 Imgp1336

 肛門右側の半周に亘り大きく成長する腫瘍。

炭酸ガスレーザーと電気メスで低侵襲手術が可能となる。

Imgp1343

 去勢手術を若いうちにしておくことで予防できる病気なので、と犬が若い時に多

くの飼い主さんたちに説明しているはずなのだが、この手術をすることがいまだに

多い。

120417tvh_046

 昨夜の練習で体捌きしながらの受け手、突き、残心の一連の動きを教えていた

だいた。

自由組手にいたる身体の動作をゆっくり丁寧に教えてくださるので感謝である。

« 季節外れのフィラリア急性症  | トップページ | ヒヤヒヤものの骨折治癒 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節外れのフィラリア急性症  | トップページ | ヒヤヒヤものの骨折治癒 »