« ネコの子宮蓄膿症 | トップページ | 光線温熱化学療法 その後2 »

2012年7月 9日 (月)

お尻の憂うつ

 

 ゴンちゃん11歳が去勢をしないままに高齢域に入り、最近お尻になにかデキモ

ノができていると飼い主さんが心配され、本日外科手術の日を迎えた。

120709tvh_045_2 120709tvh_047_2

 去勢のあと、肛門巾着縫合後に炭酸ガスレーザーにより切開開始していく。

120709tvh_052 120709tvh_058

 電気メスも併用して比較的サクサク手術が可能であった。

120709tvh_065 120709tvh_072

 創腔が大きくなるため癒合促進目的でPRP(多血小板血漿)ゲルを挿入して

閉創する。

Img_14  

 昨日は子どもたちの空手道大会が開催された。

県内のほとんどすべての流派の道場で練習するこどもたちが一同に集う県内唯

一の大会で、空手発祥の地ここ沖縄でもっともたいせつにしていきたい文化である

 他を知ることは己を知ること、、、、。いつもやっている型と違う表現方法を見て、

自身の表現方法を再度考えてみる機会が得られた。

 それにしても純粋な子どもたちの一生懸命さに心打たれるオッチャンであった。

« ネコの子宮蓄膿症 | トップページ | 光線温熱化学療法 その後2 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの子宮蓄膿症 | トップページ | 光線温熱化学療法 その後2 »