« アイスクリームの棒をのみ込んだら | トップページ | 軟口蓋過長症でイビキ »

2012年6月28日 (木)

睫毛重生とマイボーム腺炎

 トイプードルのアンディちゃん6歳が眼がショボショボしているとの主訴で麻酔下

治療を実施することになった。

120628tvh_030 120628tvh_034

 瞼全体がボワッと腫れているのとマイボーム腺が腫大し、逆さ睫毛が目立つ。

こういう時は手術用顕微鏡が重宝する。

120628tvh_041 120628tvh_045

反対側の下眼瞼にもマイボーム腺の変性と詰まりがあって搾ると変性した脂が

出てくる。

 電気分解針で太めの逆さ睫毛の毛根を処理したりと、多くの医療器械で支えら 

れる今日の動物医療は卒後すぐの30年前に比べて大きく様変わりしている。

120628tvh_064

 昨日初めて首里末吉支部の道場を覗いてみた。

やはり多くの子どもたちで活気にあふれ、真剣に取り組む練習風景に感激した。

その後の特別練習の1時間に飛び入り参加させていただいて汗を流した後、さん

ぴん茶で一息つくころには涼風が気持ちよく体を冷やしてくれる。

« アイスクリームの棒をのみ込んだら | トップページ | 軟口蓋過長症でイビキ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アイスクリームの棒をのみ込んだら | トップページ | 軟口蓋過長症でイビキ »