« オゾン療法のち光線温熱化学療法 | トップページ | 睫毛重生とマイボーム腺炎 »

2012年6月27日 (水)

アイスクリームの棒をのみ込んだら

 ヒトが想像しにくいことを犬はやってしまうことがある。

 アイスクリームを飼い主さんが食べているのをおいしそうに見つめている犬に

いつい与えてしまったら、棒ごと丸のみしてしまいあわてて病院に来られた。

 催吐処置をするが嘔吐は誘発されても棒は出てこないので内視鏡で回収するこ

とになった。

Imgp1681 Imgp1682

 胃角から幽門洞に横たわっていたためにひっかかってなかなか出てこない。

外から胃をゆすったり、犬の体位を変えたりしているうちにひっかかりが外れて

ようやくうまく回収することができた。

120626tvh_004 120626tvh_009

梅雨明けと同時に真夏が到来。前の公園にはバッタの姿とタイワンレンギョの花。

120417tvh_046

 体さばきを師範 本間貴文先生ご自身から直々に指導していただいた。

緊張しながらもこんな幸せな練習はないと、真剣かつ楽しく取り組むことができた。

 やっぱり空手はおもしろいんだな、と思うと同時に弟子たちに飽きさせない空手

指導を熱心に考えてくださる師範に感謝である。

 けいこに入るまでやや体調不良気味だったのがシャキッとして帰宅できるところ

が空手の不思議な効用だ。

« オゾン療法のち光線温熱化学療法 | トップページ | 睫毛重生とマイボーム腺炎 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オゾン療法のち光線温熱化学療法 | トップページ | 睫毛重生とマイボーム腺炎 »