« 免疫介在性赤血球形態異常 | トップページ | 股関節脱臼にエーマースリング »

2012年5月 6日 (日)

肢端の腫瘍

 ニックちゃん13歳の足先の腫瘍を切除することになった。

120417tvh_036

 難治の潰瘍から大型の細胞が取れてくる。

120506tvh_074 120506tvh_076

 日ごと大きくなってくる。

120506tvh_078 120506tvh_085

 炭酸ガスレーザーと電気メスで中節骨より切除した。

120506tvh_098

 1指切除しても術後すぐより起立負重可能であった。

このあとヨシカワ先生の病理診断待ちである。

Imgp1521 Imgp1525

 韓国の田舎を旅した。農家の庭先の韓牛の親子。少し歩いたところには桜。

Imgp1530 Imgp1539

 野鳥と野に咲く花がのどかでほっこりした気分にさせてくれる。

幼いころ遊んだ日本の里山の原風景を思い出させる。

« 免疫介在性赤血球形態異常 | トップページ | 股関節脱臼にエーマースリング »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 免疫介在性赤血球形態異常 | トップページ | 股関節脱臼にエーマースリング »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ