« 直腸腺がんの親子 | トップページ | 膣壁にできた腫瘍 »

2012年5月21日 (月)

ソケイ部陰睾

 7歳のポメラニアンがスケーリング(歯石除去)で来院した。

未去勢で片側がソケイ部に停留しているためガン化しやすいことを理解していた

だき、今回同時に切除することになった。

120521tvh_001 120521tvh_003

 右ソケイ部にあった精巣は未熟で小さいが、今後この方が高率にガン化しやす

く、そうなると逆転して大きくなっていく。

Imgp1587 Imgp1621

 錬心館空手道の県内の大会があった。

子どもたちの型から大人の自由組手まで多彩なプログラムで飽きることがない。

 防具着用自由組手はケガすることなく、勝敗も明朗で、これこそ安全最優先で

生涯に亘って楽しめる錬心館空手の象徴と言える。近くで見る迫力はすごい。

« 直腸腺がんの親子 | トップページ | 膣壁にできた腫瘍 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 直腸腺がんの親子 | トップページ | 膣壁にできた腫瘍 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ