« ソケイ部陰睾 | トップページ | 光線温熱化学療法 »

2012年5月24日 (木)

膣壁にできた腫瘍

 ショコンちゃん13歳ビーグルの雌が尿閉(オシッコが出ないこと)で緊急手術とな

った。

下腹部のしこりに気が付いていたが、オシッコが出なくなってあわてる。

Imgp1202

 下に子宮、右に膀胱、左の大きいものが腫瘍だった。

この位置関係から膣壁原発の腫瘍のようである。

Imgp1208

 線維性の硬く大きい腫瘍が増殖して、尿道を骨盤腔内で圧迫していたようだ。

Imgp0712

 昨日は久米島診療日だった。

畳石と遠くに見える トゥンバーラ (飛び原)。

美ら島に来ても観光らしいこともできないまま診察後にとんぼ返りでもったいない。

                        ー

 狂犬病シーズンということもあって、朝から行列のできる診療所と化して、終了ま

で休みなく診察、クタクタオジサンはなんとか帰りの空港バスに間に合った。

« ソケイ部陰睾 | トップページ | 光線温熱化学療法 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソケイ部陰睾 | トップページ | 光線温熱化学療法 »