« 白血球減少症と皮膚炎 その後 2 | トップページ | 前足にできた瘤 3 »

2012年4月 6日 (金)

片側ソケイ部停留精巣の去勢

 エルちゃん1才が去勢手術のために来院した。

手術前の検査では片側が腹腔内に潜在するものと診断されていたが、

120405tvh_015 120405tvh_018

 左側の精巣が脂肪の中に埋まるようにしてソケイ部に存在していた。

麻酔下で十分な触診が可能になって初めて触れる場合もある。

120405tvh_021 120405tvh_026

 陰のう内にあったほうはふつうに成長し、ソケイにあったものは成長が遅くなる

が、壮年期を過ぎると陰のう以外に存在するものはガンになり易く、こうして

若いうちに去勢手術をしておくことが得策になる。

Imgp1384

 有段者の前ゲリをミットで受ける体験をした。しっかり構えていても数歩下がって

しまうほど強烈だ。

 

 

« 白血球減少症と皮膚炎 その後 2 | トップページ | 前足にできた瘤 3 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白血球減少症と皮膚炎 その後 2 | トップページ | 前足にできた瘤 3 »