« 片側ソケイ部停留精巣の去勢 | トップページ | うさぎの下顎膿瘍 »

2012年4月 8日 (日)

前足にできた瘤 3

 ハマちゃんが検診のため来院した。

120408tvh_024

 手術から16日目。

肉芽増生したものがゆっくり収縮し、同時に周囲から上皮ができてきた。

120313tvh_008 120323tvh_007

 のちに好酸球性肉芽腫と診断された塊について局所麻酔下で切除するも

閉創不可能のため、PRPゲル乗っけ盛り+フイルムラッピングで治癒促進する。

120331tvh_036_2

 手術後8日目にはこの程度の肉芽床ができていた。

サイトカインを豊富に含むPRPのおかげだろう。

Imgp1384

 こどもの頃近くの道場に通っていた時は相手の突き・蹴りを受けると体が痛か

たが、約40年ぶりに始めると自分が突き・蹴りをするだけで体の節々が痛む。

 知らないうちに生じていた関節の強張りなどに気付かされ、続けていくうちに

ほぐれていくのがわかる。

 始めるのに遅すぎるということはないようだ。

« 片側ソケイ部停留精巣の去勢 | トップページ | うさぎの下顎膿瘍 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 片側ソケイ部停留精巣の去勢 | トップページ | うさぎの下顎膿瘍 »