« タマタマが腫れて | トップページ | 比較腫瘍学シンポジウム »

2012年3月 9日 (金)

腹腔内停留精巣

 

 キャバリアのラテちゃん8か月が去勢手術を受けることになった。

 左の精巣が腹腔にあって、のちのちこの方がガン化しやすいため開腹して切除

することを通常している。

120309tvh_001 120309tvh_003

 恥骨前方を小切開して膀胱横にある精管をひっかけ、精巣を上げて切除する。

120309tvh_004

 陰のう内にあったものはそのラジエタ―効果で正常な成長をしている。

120309tvh_010 120309tvh_007

 涙やけがひどい。

 内眼角涙丘に毛が生えて、これ呼び水効果となって前下方に涙やけを作る。

涙管は上下とも完全疎通している。

« タマタマが腫れて | トップページ | 比較腫瘍学シンポジウム »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タマタマが腫れて | トップページ | 比較腫瘍学シンポジウム »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ