« 乳腺腫瘍 メイちゃんの場合 | トップページ | 頑固な便秘症 »

2012年2月11日 (土)

化膿性肉芽腫性毛包炎 その後

 チェリーちゃんの皮膚炎がもう一息のところで炎症が沈静化しないため、1週間

前に大量自家血オゾン療法を試してみたところ、炎症が治まり、本人も気

にしなくなった、もう一度オゾン療法を希望したいと飼い主さんの方から申し出が

あった。

120103tvh_002 120108tvh_004

 閉鎖療法と内科療法でここまで改善するもこのあと炎症が再燃して完治にいた

らない。

120210tvh_004 120210tvh_006

 本人の血液とオゾンガスを反応させると瞬時に鮮やかな赤色に変化する。

120210tvh_008

 採血・再輸注とも協力的にさせてくれるチェリーちゃん。

遠くに見える病変は1週間前に比べて炎症が治まり、小さくなってきている。

Imgp1274

 1週間で桜が散って、すっかりさっぱりとした風景になってしまっていた。

« 乳腺腫瘍 メイちゃんの場合 | トップページ | 頑固な便秘症 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 乳腺腫瘍 メイちゃんの場合 | トップページ | 頑固な便秘症 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ