« 膀胱腫瘍 | トップページ | 白血球減少症と皮膚炎 その後 »

2012年2月 1日 (水)

ネコの角膜潰瘍

 イチちゃん2才が数週来左眼がおかしい、とのことで来院。

120131tvh_019

角膜に巨大潰瘍が形成されている。

シルマーテストでかぎりなく0に近い値なのでこの後も難治となる可能性が高い。

120131tvh_023 120131tvh_024

PRP(多血小板血漿ゲル)を作成。

120131tvh_029_2 120131tvh_032

ゲルを瞬膜内に挿入して縫合する。

サイトカインの働きで巨大潰瘍がどこまで治癒してくれるか、楽しみに待とう。

機能していない涙腺にも働きかけが起こらないか期待したいものだ。

Imgp1245

 名護城の桜祭りが開催されている。

50うん回目のこの季節を迎えられることに感謝しつつ、ピンクの花びらを愛でる。

« 膀胱腫瘍 | トップページ | 白血球減少症と皮膚炎 その後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 膀胱腫瘍 | トップページ | 白血球減少症と皮膚炎 その後 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ