« 趾骨骨折 | トップページ | 脱ステロイド作戦中のフレンチブル »

2012年2月24日 (金)

インターフェロンωの腫瘍縮小効果

 シェリーちゃん15歳の腋の下の腫瘍が小さくなってきた。

120202tvh_001

 外科切除予定のところ心臓の調子が悪くて中止し、インターフェロンω腫瘍内注

射を1週間間隔で2回注射してみると日に日に小さくなり、

120224tvh_007

 初回より3週間後の本日、厚みは半分に、幅も3分の2に縮小した。

120224tvh_010

 全体にかなりしぼんできて、飼い主さんも安心してくれているようだ。

« 趾骨骨折 | トップページ | 脱ステロイド作戦中のフレンチブル »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 趾骨骨折 | トップページ | 脱ステロイド作戦中のフレンチブル »