« 大静脈症候群・H24年版 | トップページ | 白血球減少症と皮膚炎 »

2012年1月23日 (月)

根尖周囲膿瘍で眼の下に孔が

 眼の下にケガか皮膚炎ができている、との主訴で小型犬を連れ来院した。

臼歯の根っこが腐ってここに孔が空く場合が多いと説明して麻酔下で確認すると。

120121tvh_005

 眼の下、第4前臼歯の根っこの部分に相当する箇所が自潰している。

120121tvh_008

 歯根をスケーリングしていると容易に抜歯されてくる。

120121tvh_009

 前内側歯根が上顎洞まで通過し瘻管を形成していた。

これで不快だった症状が解消されることだろう。

« 大静脈症候群・H24年版 | トップページ | 白血球減少症と皮膚炎 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大静脈症候群・H24年版 | トップページ | 白血球減少症と皮膚炎 »